長野県のニュース

「穴倉」いろりを囲んでわら細工 茅野・泉野

穴倉のいろりを囲み、談笑しながらわら細工を作る住民たち=25日、茅野市泉野穴倉のいろりを囲み、談笑しながらわら細工を作る住民たち=25日、茅野市泉野
 長野県茅野市泉野の田園地帯にある農閑期の共同作業場「穴倉」。25日、かやぶき屋根の隙間から煙が立ち上っていた。畳敷きの屋内で、いろりを囲んだ住民が世間話をしながらわら細工に精を出していた。

 地面を1メートルほど掘り下げた穴倉の内部は広さ70平方メートルほど。多い時は10人ほどが集まってくる。25日は4人が正月用のしめ飾りや門松などを作り、様子を見に訪れた人がいろりで暖を取っていた。

 穴倉運営委員会の平沢治代表(79)によると、八ケ岳山麓で今も使われている穴倉は泉野の1棟だけ。今年から2年かけて北側、南側の順にかやぶき屋根を補修する予定で、今後も大事に使う。

 平沢さんは「住民にとって大切な社交場。屋根をふき替えると数十年は持つので、大勢に見に来てほしい」と話した。泉野の穴倉は、見学や作業体験も受け入れている。

(12月26日)

長野県のニュース(12月26日)