長野県のニュース

御嶽海、東関脇 初場所 在位4場所連続 

初場所の番付表とチラシを手に気持ちを引き締める御嶽海=26日午前9時50分、東京都墨田区の出羽海部屋初場所の番付表とチラシを手に気持ちを引き締める御嶽海=26日午前9時50分、東京都墨田区の出羽海部屋
 大相撲初場所(来年1月14日初日、東京・両国国技館)の新番付が26日発表され、幕内の御嶽海(長野県木曽郡上松町出身)は、3場所連続で東関脇となった。関脇在位は4場所連続。御嶽海は国技館近くの出羽海部屋で「新年最初の場所に関脇として臨める。まずはここに居続けることが大事」と勝ち越しを最低限の目標とし、大関昇進を見据えた地力づくりに意欲を示した。

 先場所(11月の九州場所)は9勝6敗で終えた。幕内で年6場所を全て勝ち越したのは御嶽海だけだった。

 初場所では、開催をPRするチラシのモデルに初めて採用された。チラシに載ったのは、9月の秋場所で松鳳山と立ち合った瞬間の写真で、御嶽海は後方からのアングル。「いつか正面からの自分の姿が載るように、また頑張りたい」と明るい表情で話した。

 25日は25歳の誕生日。「(無料通信アプリ)LINE(ライン)だけで170件のメッセージがあった。返しきれなかったけれど、皆さんの思いが伝わった」。17日まで九州・沖縄地方を回った冬巡業では、新たなけがを負うこともなく、日程を消化。先場所で苦しんだ左足親指付け根の故障も回復した。27日、部屋での稽古を再開する。

(12月26日)

長野県のニュース(12月26日)