長野県のニュース

高木美、女子1500平昌決定 小平、3種目で確実

女子1500メートルで2位となった小平奈緒(相沢病院)のスタート。左奥は同走で制した高木美帆(日体大助手)女子1500メートルで2位となった小平奈緒(相沢病院)のスタート。左奥は同走で制した高木美帆(日体大助手)
 スピードスケートの平昌冬季五輪代表選考会第3日は29日、長野市エムウェーブで行い、女子1500メートルは高木美帆(日体大助手)が1分54秒82の国内最高記録で制し、選考基準を満たして五輪代表を決めた。2位には小平奈緒(相沢病院)が入り、500メートルと1000メートルを合わせた3種目での五輪代表が確実になった。

 3000メートルに続き1500メートルでも3位に入った菊池彩花(富士急・佐久長聖高出)は、個人種目での五輪出場に大きく前進した。男子1500メートルは小田卓朗(開発計画研究所)が1分45秒91の国内最高記録で1位になり、初の五輪出場を確実にした。ウイリアムソン師円(日本電産サンキョー)が2位に入った。

 最終日の30日は男子1万メートルと女子5000メートルを実施。競技終了後に最大で男子8人、女子10人の五輪代表が発表される。

(12月30日)

長野県のニュース(12月30日)