長野県のニュース

JR東日本社員 石綿で労災認定 現役は異例

 JR東日本長野支社の長野総合車両センター(長野市西和田)で車両の修理作業などに長く従事した小林信五さん(57)=長野市、現佐久平駅勤務=が8月、アスベスト(石綿)が原因とみられる「悪性胸膜中皮腫」と診断され、長野労基署が今月、労災認定したことが30日、分かった。石綿は2006年9月に製造や使用が全面禁止されたが、それまでに鉄道車両などに組み込まれていた石綿含有部品は禁止対象から除外されている。同署は中皮腫発症と同センターでの作業との因果関係を認めた。

 旧国鉄時代の石綿被害を補償する「業務災害」認定を鉄道建設・運輸施設整備支援機構(鉄道・運輸機構)から受けた人は全国で472人(9月30日現在)。全国の石綿被害者らを支援している石綿対策全国連絡会議(東京)や厚生労働省によると、1987(昭和62)年の国鉄分割民営化後の石綿の労災認定の統計はないが、JR現役社員の労災認定は極めて少ないという。同連絡会議などは「民営化後も石綿被害の恐れが続いている」として、JR側に抜本対策を求めている。

 小林さんを支援する国鉄労働組合長野地方本部(国労長野地本)などによると、小林さんは80年に旧国鉄に採用され、当時「長野工場」と呼ばれた同センターで車両の修理や廃車の解体作業に携わった。87年の民営化後も異動を挟みながら99年ごろまで石綿にさらされる環境での作業に従事した。今年9月に同労基署に労災を申請した。

 同支社では98年にも、同センターで部品製造や車両の解体作業に携わった男性社員=当時(41)=が中皮腫を発症して死亡し、労災認定を受けた。一方、旧国鉄長野工場の石綿被害で「業務災害」認定を受けた人は20人いる=表。

 同支社は「05年から石綿を含まない製品への取り換えを順次行っている」と説明しているが、同センターで修理する一部の車両には現在も石綿含有部品が使われている。同センターでは今秋、「ディスク工場」「南作業棟」で石綿を含む綿ぼこりや堆積物が見つかっているが、同支社は、53〜60年に建設された建物の建材が由来とみており、大気検査の結果、「問題ないと考えている」としている。

 小林さんの労災認定について、同支社は「再発防止に向けて今後も適切な対応に努める」としている。

(12月31日)

長野県のニュース(12月31日)