長野県のニュース

「登竜門」くぐり合格祈願 長野の神社

川端天神社の「登竜門」をくぐる参拝者川端天神社の「登竜門」をくぐる参拝者
 「学問の神様」として知られる菅原道真を祭る川端天神社(長野市高田川端)で3日、志望校への合格などを願い、手作りの「登竜門」をくぐる祈願祭が開かれた。高校などの入試を控えた受験生ら99人が参拝に訪れた。

 参拝者は登竜門をくぐって拝殿に入り、神事の後に願い事を書いた絵馬を奉納。再び、登竜門をくぐった。2月に高校を受験するという同市桜ケ岡中学校3年の風間翔后(しょうご)さん(14)は勉強の成果を感じてきているといい、「志望校への合格と楽しい高校生活が送れるようお願いした」と話していた。

 参拝者には「合格」にちなんだ五角形の鉛筆などが配られた。今年は、氏子の男性が奉納した青銅製の牛の像(幅70センチ余)が設置され、参拝後に頭をなでる人もいた。

 祈願祭は氏子らでつくる実行委員会が主催し、今年で24回目。実行委員長の竹下茂さん(68)は「昨年は登竜門をくぐって難関大学に合格した人もいた。学業成就とともに、住民がこの1年健康であってほしい」と話した。

(1月4日)

長野県のニュース(1月4日)