長野県のニュース

松本のパンク事件、男を再逮捕 女性は不起訴に

 松本市で軽乗用車をパンクさせたとして、長野市川中島町御厨の無職の男女2人が器物損壊容疑で逮捕、送検された事件で、松本署と塩尻署は5日、2人のうち今溝洋之容疑者(28)について、別のパンクにも関与した同容疑で再逮捕した。女性(34)は地検松本支部が同日、不起訴処分とした。長野地検は「精神鑑定の結果などを総合考慮した」としている。

 今溝容疑者の再逮捕容疑は、昨年10月29日午後11時半ごろから同30日午前0時ごろまでに女性と共謀し、松本市空港東の住宅駐車場で駐車中の乗用車1台のタイヤをたこ焼き用のピックを使ってパンクさせた疑い。松本署によると、今溝容疑者は容疑を認めている。

 これまでの松本、塩尻両署の調べで、パンク被害は松本市と塩尻市で計約200台に上り、中信地方のほかの警察署管内でも被害が見つかったという。

 松本署によると、犯行動機について2人は、自分たちの境遇に不満があり「ほかの人を困らせたかった」との趣旨を供述しているという。「人けがない夜を狙った」とも供述しているといい、タイヤをパンクさせる行為は主に今溝容疑者が担っていたとみられるという。

 女性については、精神保健福祉法に基づき、地検松本支部から5日に不起訴の通報を受けた県が措置入院を決定した。

(1月6日)

長野県のニュース(1月6日)

日付で探す

ジャンルで探す

ニュースランキング
本日のTop10(1/21 00:00更新)