長野県のニュース

【速報】高森町長選と喬木村長選告示 1人ずつが届け出

 任期満了に伴う下伊那郡高森町長選と、同郡喬木村長選が9日告示され、それぞれ1人ずつが立候補を届け出た。選挙戦になった場合、投開票は14日。

 高森町長選には、新人で前町経営企画課長の壬生照玄(しょうげん)氏(47)=無所属、山吹=が立候補した。対立候補を模索する動きはあったが、擁立は難航し、3回連続の無投票の公算が大きくなっている。

 壬生氏は2017年12月に町内で出馬を正式に表明した。今期限りでの引退を表明している3期目の現職熊谷元尋氏(60)の方針を引き継いだ上で、人材育成の面などで「プラスアルファを打ち出す」と主張している。

 17年12月1日現在の有権者数は1万718人(男5152人、女5566人)。

 一方、喬木村長選には、再選を目指す現職の市瀬直史氏(59)=無所属、阿島=が立候補した。ほかに表立った動きはなく、3回連続の無投票の公算が大きい。

 市瀬氏は2017年9月の村議会定例会一般質問で立候補を表明した。リニア中央新幹線や三遠南信道の開通を見据えた地域づくりを進め、「住民の豊かな暮らしを実現したい」と主張。各工事による影響や少子高齢化への対策にも力を入れるとしている。

 17年12月14日現在の有権者数は5385人(男2606人、女2779人)。

(1月9日)

長野県のニュース(1月9日)