長野県のニュース

山雅は甲府でホーム初戦 開幕ダッシュへ試練

 Jリーグは12日、今季の開幕カードと各チームのホーム開幕カードを発表した。J2の松本山雅は、芝の張り替えを進めている本拠地の松本市アルウィンが使えないため、3月17日のホーム開幕戦(第4節)を甲府市の山梨中銀スタジアムで行い、岡山と対戦する。山雅のホーム開幕戦が県外で開催されるのは初めて。同スタジアムは今季からJ2に降格する甲府の本拠地。

 2月25日の開幕戦は2年連続となる横浜FCと横浜市のニッパツ三ツ沢球技場、3月3日の第2節は今季J2に降格した新潟と新潟市のデンカビッグスワンスタジアムで対戦する。松本山雅は第3節もアウェーでの試合になる。

 横浜FCは昨季10位。昨年10月に就任したブラジル人のタバレス監督が今季も指揮を執り、J2最年長得点記録を持つ50歳の元日本代表FW三浦知良が所属。昨年の開幕戦で松本山雅は0―1で敗れた。

 新潟は昨季、J1で17位に終わり、今季は2003年以来となるJ2で戦う。今季から鈴木政一監督が指揮を執る。昨季J2で13位の岡山は長沢徹監督が4年目を迎える。

 アルウィンは芝の養生期間を含めて3月末まで利用できない。J2の試合開催の基準を満たすのは、県内ではアルウィンと長野市の長野Uスタジアム(Uスタ)のみで、山雅の運営会社が昨年12月に長野市にUスタの利用を打診したものの、芝が大雨の影響で傷み、使用が厳しい状況と伝えられた。その後、山梨中銀スタジアムのほか、豊田スタジアム(愛知県豊田市)、正田醤油スタジアム群馬(前橋市)を軸に会場を模索していた。

 一方、浅野哲也監督体制2年目となるJ3のAC長野パルセイロは3月10日の第1節で、藤枝と静岡県の藤枝総合運動公園サッカー場で対戦する。Uスタでのホーム開幕戦は3月21日の第3節で、FC東京U―23と戦う。

 藤枝は昨季7位で2015年から指揮を執る大石篤人監督が続投する。AC長野は昨季、藤枝に2敗、昨季11位のFC東京U―23とは1分け1敗だった。

 今季の全対戦カードや日程は24日に発表される。

(1月13日)

長野県のニュース(1月13日)