長野県のニュース

中国潜水艦 対話の仕組みを急がねば

 日中関係への影響が気掛かりだ。中国海軍の潜水艦が沖縄県・尖閣諸島周辺の接続水域を航行した。緊張を高める行為である。

 中国側の意図を見極め、自制を求める必要がある。北朝鮮の核・ミサイル問題をはじめ中国とは緊密な連携、協力が求められる。関係改善の流れを止めるわけにはいかない。

 防衛省が11日、尖閣周辺の領海外側にある接続水域で、潜った状態の外国の潜水艦1隻と中国海軍のフリゲート艦1隻が航行するのを確認した。潜水艦は12日に公海上で中国国旗を掲げて航行、中国海軍所属と確認された。

 防衛省によると、尖閣周辺の接続水域を中国潜水艦が航行したのは初めて、フリゲート艦は2016年6月以来2回目だ。

 接続水域を航行することは国際法上、問題ない。とはいえ、挑発的な行動である。日本は中国側に厳重抗議した。

 中国国防省は尖閣が「中国固有の領土」だとして「正当で合法な行動だ」と主張する。中国外務省も「海上自衛隊の艦艇2隻が接続水域に入り、中国海軍が日本側の活動を追跡、監視した」とし、日中の言い分がぶつかり合う。

 昨年11月に安倍晋三首相が習近平国家主席との会談で早期訪日を求めるなど、関係改善に向かう中での動きである。日中平和友好条約の締結から40周年の今年、日本政府は首脳の相互訪問を目指している。事態の悪化は避けたい。

 潜水艦を航行させた中国海軍の意図について、政府は情報収集と分析を進める方針だ。外交ルートを通じ、中国側に事実関係の説明を求める。日本での日中韓首脳会談の開催に向け、河野太郎外相の訪中も調整している。丁寧に対話を重ねてもらいたい。

 今回の問題は、日中の防衛当局間で意思疎通を欠く現状も改めて浮かび上がらせた。防衛省関係者は「相手の意図を確認する手だてがない」とする。疑心暗鬼を生みかねない。

 東シナ海での偶発的な衝突を回避するための「海空連絡メカニズム」について外務省は先月、「前向きな進展を得た」と発表していた。自衛隊と中国軍が接近時の連絡方法などをあらかじめ定めるものだ。設置案に大筋合意した。

 菅義偉官房長官は、記者会見で早期の運用開始が重要との認識を示した。12年の日本による「国有化」以降、中国は尖閣周辺での動きを活発化させ、公船の領海侵入は常態化している。取り組みを急がなくてはならない。

(1月14日)

最近の社説