長野県のニュース

アイルランド音楽でダンス 信大生ら演奏、松本でイベント

アイリッシュ音楽の生演奏に合わせてダンスを楽しむ参加者アイリッシュ音楽の生演奏に合わせてダンスを楽しむ参加者
 アイルランド音楽の生演奏に合わせてアイリッシュダンスの一種「セットダンス」を楽しむイベント「松本セットダンスフェスティバル2018」が13日、松本市の浅間温泉文化センターで2日間の日程で始まった。ともにアイリッシュ音楽を演奏する信州大生のバンドと都内を拠点にするバンドが共同開催。県内外から約50人が参加し、にぎやかにダンスを楽しんだ。

 生演奏に合わせたダンスパーティーは「ケーリー」と呼ばれ、男女8人1組で踊る。参加者たちは異性のパートナーを交代しながら前後左右にステップを小刻みに踏んだり、輪になってターンを繰り返したりして笑顔で踊った。

 千葉県船橋市のフルート奏者、豊田耕三さん(37)が東京芸術大時代の仲間と結成したバンドは、フルートやバイオリンなどをテンポ良く演奏。豊田さんは「これだけ大規模なケーリーは長野県内では初めて」。信大生8人でつくるバンドのリーダー、飯井大智さん(21)=3年=は「知らない相手でも、ダンスを通じてすぐに打ち解けられるのがケーリーの良さ」と話した。

 14日は午前9時〜午後4時半、浅間温泉文化センターで開く。2部構成で、1部のチケット代2千円。

(1月14日)

長野県のニュース(1月14日)