長野県のニュース

小平選手「せかいで1ばんに」茅野市豊平小の後輩 寄せ書き

応援メッセージが書き込まれた日の丸を手に、豊平小学校スケートクラブの子どもたちと記念撮影する小平奈緒選手の母の光子さん応援メッセージが書き込まれた日の丸を手に、豊平小学校スケートクラブの子どもたちと記念撮影する小平奈緒選手の母の光子さん
 「奈緒ちゃんガンバレ!」―。2月の平昌(ピョンチャン)冬季五輪に出場するスピードスケート女子の小平奈緒選手が所属した茅野市豊平小学校スケートクラブの子どもたちが14日、小平選手への応援メッセージを記した日の丸を同市在住の小平選手の母、光子さん(62)に贈った。現地で1000メートルと500メートルのレースを観戦する光子さんに会場で掲げてもらう。光子さんは「みんなも(日本から)大きな声で応援してね」と呼び掛けた。

 この日は県ジュニアスピードスケート競技会中南信大会が茅野市運動公園国際スケートセンターであり、同クラブの1〜5年生12人全員が参加。閉会式後、同センターで働いている光子さんにそろいのユニホーム姿で会い、昨年末から準備した日の丸を手渡した。保護者を中心に集めた激励金も贈った。

 日の丸には「せかいで1ばんになってください」「エールとパワーを送っています」などと書いた。ともに副クラブ長で4年生の植松篤子さん(9)は「全力で頑張ってほしい」、植松智子さん(9)は「(1500メートルを含めた出場予定の)3種目全部で金メダルを取って」と話した。

 光子さんは2月13日、小平選手の姉らと一緒に現地へ出発する予定だ。光子さんは「子どもたちから託された旗を持って応援したい」と話していた。

(1月15日)

長野県のニュース(1月15日)