長野県のニュース

杉尾氏 立民入党の意向 民進統一会派方針を批判

 民進党の杉尾秀哉氏(60)=参院県区=は16日、同党を離党して立憲民主党に入党する意向を両党関係者に伝えた。杉尾氏は信濃毎日新聞の取材に、民進執行部が進める希望の党との統一会派結成を巡り「憲法改正が最大の政治テーマとなるのに、曖昧さを残したまま結成するのは許されない」と批判した。

 杉尾氏は、希望、民進両党の合意文書について「憲法や安全保障政策を巡って曖昧さがある」と指摘。16日の民進党常任幹事会で合意文書を修正せずに17日の両院議員総会に諮る方針が了承されたことを受け、離党の意向を固めた。「党執行部が撤回しない限り、離党届を出す」とした。

 立憲民主について杉尾氏は「憲法や安全保障政策、原発、野党間の選挙協力などに対する姿勢が自分と非常に近い。安倍政権と徹底的に対峙(たいじ)するため、主張が明確な勢力を強くしなければならない」と説明した。

 杉尾氏は元ニュースキャスターで、改選定数が2から1に減った2016年7月の参院選県区に民進から出馬し初当選。昨年9月の民進党代表選で枝野幸男氏を支援し、10月の衆院選で立憲民主を結成して代表に就いた枝野氏から入党を打診されている。

(1月17日)

長野県のニュース(1月17日)