長野県のニュース

県勢3選手らリレーに重点 ショート五輪代表 南牧合宿

強化合宿でリレーの練習映像を確認する(左から)菊池純礼(トヨタ自動車)、菊池悠希(ANA)、神長汐音(小海高)のショートトラック県勢3選手=18日、南佐久郡南牧村強化合宿でリレーの練習映像を確認する(左から)菊池純礼(トヨタ自動車)、菊池悠希(ANA)、神長汐音(小海高)のショートトラック県勢3選手=18日、南佐久郡南牧村 強化合宿でリレーの練習をする(左から)菊池悠希(ANA)、菊池純礼(トヨタ自動車)、神長汐音(小海高)強化合宿でリレーの練習をする(左から)菊池悠希(ANA)、菊池純礼(トヨタ自動車)、神長汐音(小海高)
 スピードスケート・ショートトラックの平昌冬季五輪代表チームは18日、長野県南佐久郡南牧村の帝産アイススケートトレーニングセンターで行っている強化合宿を報道陣に公開した。男女とも五輪でのメダル獲得を目指し、重点種目に位置付けるリレーの練習に多くの時間を割き、2月9日の開幕に向けて選手たちの息を合わせていた。

 いずれも初めて五輪に臨む菊池悠希(ANA・小諸商高―立大出)、菊池純礼(トヨタ自動車・小海高出)、神長汐音(小海高)の女子県勢3選手も参加。男女各5人の五輪代表以外の選手も加わって複数のチームで競り合う展開にしたり、歓声や実況の音声をスピーカーから大音量で流したりと、本番に近い雰囲気をつくって練習した。

 女子のエース菊池純は、3000メートルリレーでアンカーを務めることが濃厚。「勝つためにみんながつないできてくれる。気持ちで負けないように頑張りたい」と自覚を強くしていた。姉の菊池悠は「自分たちのレベルを上げることで、メダルの可能性を上げることができる」と強調。18歳の神長は「(4人の)リレーメンバーに入ることができれば、どのポジションでもしっかり役割を果たしたい」と話していた。

 南牧村での合宿は今月14日から始まり、来月初旬に現地入りする直前まで行う。

(1月19日)

長野県のニュース(1月19日)