長野県のニュース

斜面

米国でツイッターの初期の形ができたのは2006年。人々が今何をしているか簡単に共有できる仕組みを―。“ITオタク”だったジャック・ドーシーさんが基本を考えた。その後、旅客機不時着事故の速報などで力を示し普及した

   ◆

短文を投稿するとフォロワー(読者)からすぐに反応がある。拡散するのも速い。「ツイッターがなければ当選できなかった」といわれるトランプ大統領は、1日10回以上も投稿して支持を広げたという。就任から1年の今も、執着ぶりは相変わらずだ

   ◆

現在4千万人以上いるフォロワーの一人として、面白く読ませてもらっている。概して自慢話が多い。味方を褒めたかと思えば、政敵をののしり、意に沿わない国を侮辱する。感情的な言葉遣いは子どものよう。最近は自身や親族に向くロシア疑惑捜査へのいら立ちも読み取れる

   ◆

先日も、「フェイク(偽)ニュース賞」と題し、自身が目の敵にするメディアの見込み違いや誤りとみなした報道を発表している。政権に批判的な新聞やテレビが「ファクトチェック」として、大統領発言のうそを検証したことへの意趣返しともとれる

   ◆

権力者の乱暴な発言も繰り返し聞くと、慣れるから不思議だ。他国の指導者がまともに見えてもくる。“トランプ流”をグローバルスタンダードにしないように、大統領に倣って米国を囲む「壁」でもつくろうか。失礼ながらあと3年、戦乱を招くような暴走はしないで―と願うばかりだ。

(1月20日)

最近の斜面