長野県のニュース

「AC長野昇格の力に」新加入7選手が会見

会見後に記念写真に納まる新加入選手ら 前列右から竹下、堂安、浅野監督、津田、河合 後列右から松村、小沢、内田会見後に記念写真に納まる新加入選手ら 前列右から竹下、堂安、浅野監督、津田、河合 後列右から松村、小沢、内田
 サッカーJ3のAC長野パルセイロは19日、今季チームに加わった7選手の記者会見を長野市の長野Uスタジアムで行った。J1神戸から移籍加入したFW松村亮は「持ち味のスピードとドリブルを生かし、がむしゃらにゴールを目指す。10点以上取って優勝に貢献したい」と意気込んだ。

 J2横浜FCから加入したFW津田知宏は、名古屋や徳島などを経て、AC長野で4クラブ目となる。AC長野を選んだ理由を「トライアウトを受け、徳島時代に一緒だった美濃部GMから誘ってもらった」と説明。小笠原強化ダイレクターは「得点センスは群を抜く。背後への飛び出しも優れている」と期待した。

 MF河合秀人は昨季は鳥取で5得点を挙げた。「J2昇格の力になりたい。2桁得点が最低限の目標」と話した。

 31歳の津田以外は25歳以下。創造学園高2年の時に県高校選手権を制した、びわこ成蹊スポーツ大のMF堂安憂は「長野に戻って来られて幸せ」と笑顔を見せた。

 昨季はJ3で5位だったチームの今季の編成方針について、小笠原強化ダイレクターは「得点力アップと若返りを図った」とした。浅野監督は「昇格には昨季の(リーグ13位タイの)34得点から20点はプラスしないといけない」と強調した。

(1月20日)

長野県のニュース(1月20日)