長野県のニュース

「雪中キャベツ」小谷で食べ頃 小玉でも甘みは例年通り

畑を覆う雪の中からキャベツを掘り起こす田原さん畑を覆う雪の中からキャベツを掘り起こす田原さん
 豪雪地帯の長野県北安曇郡小谷村で、雪の中から掘り出す特産の「雪中キャベツ」が収穫期を迎えている。週末の21日も、農家が雪の下で2週間ほど寝かせて熟成させたキャベツを収穫した。今季は日照不足の影響で小玉だが、最大の特徴である甘みの強さはいつも通りだという。

 同村中土の兼業農家田原富美子さん(58)はこの日、自宅近くの広さ4アールの畑で約50玉を収穫した。スコップで70センチほど積もった雪を掘り起こし、傷つけないように慎重に作業。地面に植わるキャベツを1玉ずつ刈り取った。

 村によると、降雪に恵まれた今季は、各生産農家が先月末に収穫を始めた。収穫期は2月上旬ごろまで続く見込みで、村内の直売所や県内のスーパーで販売される。田原さんは「今年は家族で食べるのにちょうどいいサイズ。ぜひ味わって」と話していた。

(1月22日)

長野県のニュース(1月22日)