長野県のニュース

県内全域で大雪の恐れ

 発達する低気圧の影響で、西日本では22日夕にかけ、東北と関東甲信などでは同日昼ごろから23日明け方にかけて、広い範囲で雪が降り、平野部でも大雪となるところがあるため、気象庁は路面凍結による交通障害への警戒を呼び掛けた。23日午前6時までの降雪量は東北と関東甲信は30センチ、北陸から中国にかけては20センチ、九州北部や四国でも10〜15センチと予想されている。

 長野地方気象台によると、県内も22日夜遅くにかけて広い範囲で大雪となる見込み。同気象台は全域で大雪や電線などへの着雪、北部では雪崩に注意を呼び掛けている。

 首都圏での降雪に伴い、JR東日本長野支社は同日の特急「スーパーあずさ」と「あずさ」の上下計15本を運休すると発表した。塩尻市境に近い岡谷市内山の県道では同日午前、県諏訪建設事務所の委託を受けた業者が、大雪に備えて道路脇にある自動散布装置に融雪剤を補充した。

 同気象台によると、23日は北部の山沿いや中野飯山地域を中心に大雪となり、北部の平地でもまとまった雪が降る可能性がある。23日午前6時までの24時間の予想降雪量は、多い所で北部30センチ、中部30センチ、南部25センチ。冬型の気圧配置は27日ごろまで続くとみられ、24日午前6時までの24時間に、北部の多い所でさらに40〜60センチの降雪になると見込まれる。

(1月22日)

長野県のニュース(1月22日)