長野県のニュース

カーリングの3カ国五輪代表チーム、軽井沢で来月事前合宿

昨年12月の軽井沢国際選手権に出場したカーリング女子英国代表(奥の2人)。2月に軽井沢アイスパークで事前合宿を行う昨年12月の軽井沢国際選手権に出場したカーリング女子英国代表(奥の2人)。2月に軽井沢アイスパークで事前合宿を行う
 平昌(ピョンチャン)冬季五輪に備え、カーリングのカナダ、英国、ノルウェーの海外勢代表計6チームが2月、北佐久郡軽井沢町の通年型カーリングホール「軽井沢アイスパーク」で事前合宿を行う。地元のNPO法人「スポーツコミュニティー軽井沢クラブ」が国際大会などの場でPR。関係者は「軽井沢がリンクも受け入れ態勢も世界標準と認められてきた」と喜んでいる。

 関係者は2014年のソチ冬季五輪後、世界選手権などの場で施設を紹介。町の協力も得て、藤巻進町長のメッセージを載せたチラシを配布してきた。この中で、町が1998年長野冬季五輪でカーリングの会場になった実績などをアピールした。

 同クラブによると、事前合宿はカナダが男女ともに2月5〜7日、英国も男女が4〜7日の予定。ノルウェーは男子が7〜10日、混合ダブルスが2〜5日の計画となっている。男子日本代表のSC軽井沢クラブも6日まで合宿を行う。

 スポーツコミュニティー軽井沢クラブは、各チームが五輪に向けた時差調整を兼ね、施設面が充実し、首都圏からのアクセスも良い軽井沢を合宿地に選んだとみる。交流イベントなどの予定はない。同クラブ理事長の長岡秀秋さん(67)は「3カ国が来るのはうれしいことだ。町の活性化にもつながればいい」と話している。

(1月23日)

長野県のニュース(1月23日)