長野県のニュース

県内 25日にかけ大雪恐れ 「数年に1度の強い寒気」で

 県内は24日午前、冬型の気圧配置が続き、北部を中心に平地を含めて雪が降った。長野地方気象台によると、県内上空に今季最も強い寒気が南下してくる影響で同日夜から25日朝にかけて大雪になる恐れがあり、平地でも雪が積もる見込み。同気象台は「数年に1度の非常に強い寒気」として、積雪による交通障害などに注意を呼び掛けている。

 同気象台によると、25日も冬型の気圧配置が続き、北部は雪で昼前から次第に曇り、中南部も昼前まで雪の降る所がある。同日午前6時までの24時間降雪量は、いずれも多い所で中野飯山地域80センチ、大北地域山沿い70センチ、長野地域山沿い50センチ、乗鞍上高地地域30センチで、大北地域と長野地域の平地でも20センチを予想している。26日午前6時までの24時間では、北部でさらに30〜50センチの降雪が見込まれる。

 県内は寒気の影響で週末にかけて冷え込みが厳しく、25日は長野や諏訪、軽井沢で最高気温が氷点下の真冬日となる見込み。最低気温は各地で氷点下10度前後まで下がりそうだ。

 JR東日本長野支社は24日、雪に伴う除雪作業のため、大糸線で同日午後4時36分信濃大町発南小谷行きと午後5時55分南小谷発信濃大町行きの上下普通列車2本について、白馬(北安曇郡白馬村)―南小谷(同郡小谷村)間で区間運休する。また、25日は飯山線の飯山―戸狩野沢温泉(ともに飯山市)、戸狩野沢温泉―十日町(新潟県十日町市)間で上下普通列車計6本を区間運休する。

(1月24日)

長野県のニュース(1月24日)