長野県のニュース

斜面

凍った魚が棒のように立てて並べてある。ロシア東シベリア・サハ共和国の首都ヤクーツク。民放が伝えた市場の風景だ。北極気団に覆われる極寒の地。先日も氷点下67度を記録した。魚は海や川から揚げた直後に外気で自然凍結する

   ◆

車が故障し徒歩で移動していた20代の男性2人が凍死したそうだ。今冬は寒気の勢力が強い。その一部が南下し日本列島に流れ込んでいる。今冬最強の寒波という。日本気象協会長野支店によると輪島上空約1500メートルは平年より8度低い氷点下15度に

   ◆

しかもこの寒波、居座るというから厄介だ。北部の大雪に加え各地で厳しい寒さが続く。27日まで最低気温は氷点下10度前後、最高気温も0度未満の真冬日が多いとの予報が出ている。〈手放しに命は惜しめ寒波来る〉殿村菟絲子(としこ)。命の危険にさらされることもある。用心したい

   ◆

寒さは災いをもたらすだけではない。シベリアの大地や沿岸の海底を凍らせその永久凍土が生物の死骸や固体化したメタンを閉じ込めている。温暖化で凍土が解ければ大気中にメタンを大量放出、温暖化を加速させる―。そんな悪循環のシナリオがある

   ◆

1万年前に絶滅したホラアナライオンや1万2千年前の子犬などの死骸が永久凍土から相次ぎ見つかった。融解が進んでいるのか。この地に生息したマンモスの絶滅に気候変動も影響したとされる。ひとつながりの地球だ。寒波を送り出す極寒の地の環境変化にも目を向けずにいられない。

(1月25日)

最近の斜面