長野県のニュース

菅平、全国最低マイナス23・7度 県内9地点、今季最低

厳しい寒さが続き、徐々に大きな氷柱が成長している唐沢の滝=26日午前10時すぎ、上田市菅平高原厳しい寒さが続き、徐々に大きな氷柱が成長している唐沢の滝=26日午前10時すぎ、上田市菅平高原 冷え込んで一面に氷が張った松本城の堀=26日午前8時15分、松本市丸の内冷え込んで一面に氷が張った松本城の堀=26日午前8時15分、松本市丸の内
 長野県内は26日午前、強い冬型の気圧配置と上空の寒気の影響で、多くの地点で厳しい冷え込みとなった。晴れて放射冷却の影響で気温が下がった上田市菅平の朝の最低気温は、全国で最も低い氷点下23・7度(平年差10・0度低)。県内の全30観測地点では、長野の同8・1度(同3・5度低)、松本の同11・7度(同5・9度低)など9地点で今季最低を記録した。

 菅平高原の国道406号沿いにある落差約15メートル、幅約10メートルの唐沢の滝には、連日の冷え込みで大きな氷柱ができていた。「ザーッ」と水の流れ落ちる音が響き、周囲の木々は雪をまとって花が咲いているかのよう。小県郡青木村の男性(68)は「自然の強さ、冬の持つ美しさを感じられた」とシャッターを切った。

 松本市では、松本城の堀が結氷。氷上には野鳥の姿が見られ、氷の下ではコイが泳いでいた。

 長野地方気象台によると、26日も北部を中心に雪が降った所があり、午前10時の積雪の深さは野沢温泉164センチ、飯山129センチ、小谷120センチなど。JR東日本長野支社によると、飯山線は同日午前、除雪作業のため戸狩野沢温泉―十日町間の運行を見合わせ、戸狩野沢温泉―飯山間も一部列車の運行を見合わせた。上下計9本が運休・区間運休した。午後も上下計2本を区間運休する予定。

 同気象台によると、24日ごろから県内上空に流れ込んだ「数年に一度」の非常に強い寒気の影響は27日午前まで続き、同日朝も冷え込みは厳しい見通し。その後寒気は北に抜け、同日午後には徐々に冬型の気圧配置も緩んで県内は寒さが和らぐとみられる。

(1月26日)

長野県のニュース(1月26日)