長野県のニュース

なるか御神渡り 諏訪湖、再び全面結氷

けさの冷え込みで全面結氷した諏訪湖=27日午前7時27分、諏訪市の立石公園からけさの冷え込みで全面結氷した諏訪湖=27日午前7時27分、諏訪市の立石公園から
 諏訪の最低気温が今季最低の氷点下11・3度となった27日朝、諏訪湖が再び全面結氷した。15日に今季初めて全面結氷したものの、その後の雨と冷え込み不足で大部分の氷が解けていた。

 諏訪は26日まで3日連続で、最高気温が氷点下の真冬日だったが、強い風で湖面が波立ち、結氷が広がっていなかった。27日午前6時40分すぎ、氷が割れてせり上がる「御神渡(おみわた)り」の記録、認定を担う八剣神社(長野県諏訪市小和田)の宮坂清宮司(67)らが、諏訪市豊田の湖畔で厚さ2センチほどの氷を確認。宮坂宮司は「一夜の間に全面結氷した。寒気が続き、氷の厚みが増してくれれば」と、5季ぶりの御神渡り出現に期待を高めた。

 27日午前の県内は、最低気温が全30地点のうち12地点で今季最低を観測。野辺山は氷点下21・7度で、全国1位の冷え込みとなった。ほかの主な観測地点の最低気温は、長野が同11・1度、松本は同11・6度、軽井沢が同14・7度、飯田は同9・3度。

 長野地方気象台によると、28日の県内は上空の気圧の谷や湿った空気の影響を受け、北部と中部は日中が曇り、南部は晴れるが昼前から曇りとなる見込み。関東甲信地方は2月2日まで冬型の気圧配置となり、最高・最低気温ともに平年並みか平年より低い見通し。

(1月27日)

長野県のニュース(1月27日)