長野県のニュース

部分開通3月11日に 飯田の三遠南信道

 国土交通省飯田国道事務所(飯田市)は29日、三遠南信道飯喬(いいだか)道路(22・1キロ)のうち、2017年度中に開通予定としていた飯田市の龍江―飯田東インターチェンジ間(3・4キロ)の開通日を3月11日と発表した。仮称だった飯田東の名称は「飯田上久堅・喬木富田(とみだ)」に決まった。龍江は仮称から変更なし。

 新たに開通する区間は、飯田市龍江と同市上久堅を結ぶ。開通によって最寄りの消防分署から上久堅地区への救急車の移動時間が、現在の約15分から約8分に短縮されるという。飯喬道路の部分開通は、08年4月に飯田山本―天龍峡インター間の7・2キロが開通して以来10年ぶり。

 3月11日に現地で開通式典を開く予定。開通時刻は今後発表するとしている。

 三遠南信道は、新設道路と既存道路を組み合わせて飯田市と浜松市を結ぶ延長約100キロの高規格道路。全線開通すると、三遠南信地域(南信州、東三河、遠州)の移動時間が短縮される。同事務所は全線開通時期について「未定」としている。

(1月30日)

長野県のニュース(1月30日)