長野県のニュース

高森町が予算案の理事者査定公開へ 重点施策 1日かけて

 下伊那郡高森町は、15日に行う2018年度一般会計当初予算案の理事者査定を住民らに公開しながら行うと決めた。町によると、約500ある町事業のうち重点施策の10〜20ほどを公開の対象とする方針。午前9時に始め、公開が夜間まで及ぶことも想定している。1日の町議会全員協議会で明らかにした。

 担当職員の説明を受けながら首長らが査定する模様を公開する試みは県内では珍しく、終日実施は異例とみられる。県市町村課は市町村の予算査定の公開状況について「把握していない」という。

 町の同当初予算案の要求額は、17年度当初予算より約8億円多い68億6900万円。15日に査定する事業は調整中で、町アグリ交流センター周辺を観光農園化する整備事業や同町下市田に農産物加工施設を新設する計画などが挙がっている。事業に関係する団体や住民からの意見聴取もその場で行う。

 予算案の査定公開は、1月に無投票で初当選を果たした壬生照玄町長が公約に掲げていた。町長は取材に、行財政の透明化に加え、町政や町づくりへの町民の関心を喚起したい―と狙いを説明。「今回はきっかけづくり」とし、全事業の査定公開も今後検討する考え。

 15日に査定を公開する事業や順番は今後、町ホームページなどで知らせる。

(2月2日)

長野県のニュース(2月2日)