長野県のニュース

県中南部で10センチ以上の積雪

JR上諏訪駅近くの駐車場で雪かきに追われる諏訪市職員=2日午前10時27分、同市大手JR上諏訪駅近くの駐車場で雪かきに追われる諏訪市職員=2日午前10時27分、同市大手
 県内は2日午前、前線を伴った低気圧が日本の南を東へ進んだ影響で、中南部を中心に広い範囲で雪が降った。低気圧は徐々に遠ざかり、降雪のピークは過ぎたが、中南部は平地も含めて10センチ以上雪が積もった。大型トレーラーの立ち往生や住宅の停電など、南部を中心に影響が出た。

 2日午前9時の積雪量は、開田高原56センチ、菅平54センチ、諏訪17センチ、飯田13センチ、松本11センチ、軽井沢10センチ。諏訪市のJR上諏訪駅に近い駐車場では、市職員らが雪かきに追われた。同市は今季初めて、市内2カ所に雪置き場を開設。市民が雪を積んだトラックでひっきりなしに訪れていた。

 上伊那郡中川村片桐の国道153号では午前6時38分ごろ、大型トレーラーが立ち往生している―と通行人から通報があった。駒ケ根署によると、トレーラーは積雪のため上り坂で動けなくなったとみられる。現場付近が約2時間全面通行止めになった。

 飯田下伊那地方では停電が相次いだ。飯田市では2日午前2時前、伊豆木、川路、中村などで計590戸が停電し、最長4時間45分続いた。午前3時前には下伊那郡阿南町で計116戸が停電し、最長4時間20分続いた。中部電力によると飯田市では、電線上に張られた雷よけの金属の線に雪の重みで周囲の竹がかぶさり、雷よけの線と電線が接触してショート。阿南町では雪の重みで木が折れて電線に倒れかかり、電線が切れたという。

 JR飯山線は2日午前、除雪作業のため、飯山市の飯山―戸狩野沢温泉間で上下計2本を区間運休。午後も上下計2本を区間運休する。

 長野地方気象台によると、3日は気圧の谷や湿った空気の影響で北部と中部は晴れ時々曇り、南部は曇りで昼前から晴れる見込み。4日以降は冬型の気圧配置となっておおむね晴れるが、県北部では雪の降る日が多く、全域で厳しい冷え込みが続きそうだ。

(2月2日)

長野県のニュース(2月2日)