長野県のニュース

今井選手と岩渕選手 地元上田で五輪壮行会

花束を受け取り、写真撮影に応じる今井選手(左)と岩渕選手の父・亨秘さん花束を受け取り、写真撮影に応じる今井選手(左)と岩渕選手の父・亨秘さん
 ともに上田市出身で、平昌(ピョンチャン)冬季五輪スノーボード女子代表の今井胡桃(くるみ)選手(18)=バートン=とノルディックスキー・ジャンプ女子代表の岩渕香里選手(24)=北野建設=の壮行会が2日、市役所であった。今井選手と、海外で調整中の岩渕選手の代理として父亨秘(あきやす)さん(56)が出席。来場した市民や市職員ら約250人が激励した。

 佐久長聖高校(佐久市)3年の今井選手はあいさつで「オリンピックでは、今まで応援してくれた皆さまに感謝の気持ちを込めて全力の演技をしたい」と決意表明。亨秘さんは、「納得のジャンプをして、笑顔で上田市に帰ってきたい」としたためた岩渕選手の手紙を代読した。

 両選手の地元住民が寄せたメッセージ入りの日の丸や花束が贈られ、来場者が手拍子に合わせて「行け行け、今井」「勝つぞ勝つぞ、岩渕」などと声を上げて熱いエールを送った。地元の「信州上田おもてなし武将隊」もパフォーマンスを披露して会場を盛り上げた。

 壮行会後の取材で、今井選手は「出るからには金メダルを目指したい。壮行会は多くの人が来てくれて、良いモチベーションになる」。亨秘さんは「悔いのない試合をして、悔いのない結果を出してほしい」と期待していた。

(2月3日)

長野県のニュース(2月3日)