長野県のニュース

渡部暁が地元白馬でV W杯複合 五輪へ弾み

W杯4連勝を果たし笑顔を見せる渡部暁斗(中央)=3日、白馬村の白馬ジャンプ競技場W杯4連勝を果たし笑顔を見せる渡部暁斗(中央)=3日、白馬村の白馬ジャンプ競技場
 ノルディックスキー複合のワールドカップ(W杯)白馬大会は3日、北安曇郡白馬村を会場に2日間の日程で開幕し、初戦は同村出身で平昌(ピョンチャン)冬季五輪代表の渡部暁斗(北野建設)が優勝した。9日開幕の平昌五輪に向け、地元開催の国際大会で弾みをつけた。W杯は4連勝で今季5勝目。シーズンの自己最多勝利数を更新した。

 渡部暁は前半飛躍で130・5メートルを飛んでトップに立つと、後半距離は序盤から独走して完勝した。1998年長野五輪で複合会場だった同村で、複合のW杯を開催するのは15年ぶり。会場には約4千人の観客が詰め掛けて大きな声援を送った。4日も同じ会場で2戦目を行う。

(2月4日)

長野県のニュース(2月4日)