長野県のニュース

長野の火災 重体の妻死亡 直前の110番 助け求める内容

 長野市風間の自営業北村昇一さん(57)方が全焼し、焼け跡から2遺体が見つかった火災で、全身やけどで重体となっていた北村さんの妻でフィリピン国籍の無職フローラ・カボルナイさん(41)が6日午前1時27分、搬送先の市内の病院で死亡した。長野中央署は今後、遺体を司法解剖して詳しい死因を調べる。この火災に絡む死者は3人になった。

 また、火災の直前に北村さん方から寄せられた110番通報は、フローラさんが携帯電話でかけていたことが、県警への取材で判明。通報は、警察官に助けを求める内容だった。その直後には、火災で軽傷を負った北村さんの母(85)からも110番通報があったという。

 火災は4日午前10時ごろに発生。北村さん方から出火し、木造2階建て住宅を全焼した。この直前には、フローラさんにストーカー行為をしたとして、同署から警告を受けていた山梨県内のフィリピン国籍の男が、北村さん方を訪れていたことが分かっている。同署は、この男と火災の関連などを調べている。

 同署は6日までに、焼け跡から見つかった2遺体を司法解剖。遺体は、火災後に連絡が取れなくなっている北村さんと、フィリピン国籍の男とみて身元や死因の特定を進めている。また、6日も火災現場の検証を続けた。

(2月6日)

長野県のニュース(2月6日)