長野県のニュース

「大切な誰か」にメッセージを 茅野市民館の来館者に募る

茅野市民館に登場したメッセージアーチ。大切な人へのメッセージを記したピンクの紙を、花に見立てた茅野市民館に登場したメッセージアーチ。大切な人へのメッセージを記したピンクの紙を、花に見立てた
 長野県茅野市民館の指定管理者を務める市出資の株式会社「地域文化創造」が14日のバレンタインデーを前に、来館者に「大切な誰か」へのメッセージを募っている。メッセージを記したピンクの紙を花に見立て、高さ約2メートルの「メッセージアーチ」に飾ってもらう。協力したNPO法人「サポートC」(茅野市)は「思いを込めた花でアーチをいっぱいにしたい」としている。

 茅野市民館の運営を支援しているサポートCが、同館に足を運んでもらうきっかけにと考案。ピンクの紙は二つ折りにするとハート形になる仕掛けだ。アーチには発光ダイオード(LED)電球約200個を取り付け、ハート形の紙で電球を囲う。サポートCはアーチ近くにある伝声管で愛を語り合ったり、友人同士で話したりしてほしい―と呼び掛けている。

 7日までに飾られた花は全体の4分の1程度。サポートCメンバーの主婦、坂井真由美さんは「子どもからお年寄りまで、いろいろな人に楽しんでほしい」と話していた。

(2月8日)

長野県のニュース(2月8日)