長野県のニュース

自動運転バス 伊那谷走る実証実験

運転手がハンドルから手を離したまま、「レベル2」の自動運転で走るバス=10日、伊那市長谷運転手がハンドルから手を離したまま、「レベル2」の自動運転で走るバス=10日、伊那市長谷
 国が2020年までの実用化を目指す自動運転の実証実験が10日、伊那市長谷で始まった。国土交通省が本年度、全国13カ所の中山間地域で実施しており、県内では唯一の実験地。初日は実験開始式と関係者ら向けの試乗会があった。16日まで、約120人の市民モニターを乗せて公道を走り、物品も載せる「貨客混載」などを行う。

 コースは、道の駅「南アルプスむら長谷」と市長谷総合支所を結び、主に国道152号を通る往復5キロ。20人乗りの小型バスを使う。ベンチャー企業の先進モビリティ(東京)が自動運転のシステムを開発し、車両を改造した。

 運転席に人が座って公道を自動運転する「レベル2」の実験を11、12、14、15日に行う。13日は一般車両の進入を規制した専用区間(約400メートル)で、運転席から人が離れる「レベル4」の走行を実験。このうち連続して直角に曲がる部分を含む約200メートルは、磁気を発する「マーカー」を路面に埋め、車両の装置で磁気を検知して走る。

 開始式には約60人が参加。白鳥孝市長は物流や公共交通の維持を念頭に「自動運転は地域課題を解決できると確信している」とあいさつ。先進モビリティの青木啓二社長が、衛星利用測位システム(GPS)などを使って走り、車両前部に障害物を検知する装置があるといった特徴を解説した。

 試乗会では、GPSと磁気で位置情報を把握し、レベル2で約600メートルを走行。国交省や市などでつくり、開始式を主催した地域実験協議会の金森亮会長(名古屋大特任准教授)は「普通のバスと変わらない乗り心地。どう活用するか、地元の要望を聞きながら検討したい」と話した。試乗は10回実施。うち1回でハンドルが左右に振れ、運転手が操作する場面もあり、同協議会が原因を調べる。

(2月11日)

長野県のニュース(2月11日)