長野県のニュース

斜面

アーカイブという言葉をこのごろよく聞く。文書や記録の保存所のことである。NHKは埼玉県川口市に番組映像や台本のアーカイブを持っている。天平時代の文物を収蔵する奈良の正倉院は日本最古のアーカイブと言えるかもしれない

   ◆

東京・京橋の国立近代美術館フィルムセンターが「国立映画アーカイブ」として独立することになった。映像記録を体系的に収集、保存する唯一の国立機関である。9万本近いフィルムを所蔵し博物館の企画展のような形で一般向けに上映している

   ◆

映画フィルムは劣化しやすく、長期の保存が難しい。かつては燃えやすい素材が使われていた。京橋のセンターでは1984(昭和59)年、火災により「どん底」など名画約300本が失われた。原因は猛暑のために、ビル最上階にあった保存庫のフィルムが自然発火したことだった

   ◆

映画のデジタル化が進んでいる。フィルムは使わない。だから安心か、というと逆だという。デジタルで記録されたデータは床に落とすなどちょっとしたショックで壊れやすい。記録方式は数年で変わる。現状では、寿命はフィルムよりむしろ短い

   ◆

戦前に製作された映画フィルムの9割は既に消失したという。溝口健二、小津安二郎ら日本を代表する巨匠の作品も、フィルム原版の多くが失われている。映画は時代の空気のタイムカプセルだ。関連業界と協力して未来に伝えていく方法を探ることも、国立アーカイブに期待したい一つだ。

(2月13日)

最近の斜面