長野県のニュース

八木氏 出馬正式表明 4月の伊那市長選

伊那市長選への立候補を正式表明する八木択真氏伊那市長選への立候補を正式表明する八木択真氏
 任期満了に伴う4月15日告示、22日投開票の伊那市長選で、新人で市議の八木択真氏(39)=無所属、坂下=は12日、市内で記者会見し「可能性にあふれた伊那市を次の世代に胸を張って引き継ぐ。転換が必要な時期に来ている」と述べ、立候補を正式に表明した。

 八木氏は、小中学校の給食費の無償化や大学生向け給付型奨学金の創設、保育料軽減など「徹底的に子育て支援をする」と強調。中心市街地の活性化、地元の企業や商店街の振興、高齢者福祉の推進、市長給与の半減と退職金ゼロなどを挙げ、「目に見える結果を出す」とした。現市政について「弱い立場の人の声が届かない」と主張した。

 八木氏は堺市出身。信州大農学部(上伊那郡南箕輪村)卒業後、産経新聞記者を経て伊那市に移住し、市内で飲食店を経営している。2014年の市議選(定数21)に初出馬して当選し1期目。近く市議を辞職する。

 同市長選では、現職で2期目の白鳥孝氏(62)=無所属、西箕輪=が昨年12月、立候補を表明している。

(2月13日)

長野県のニュース(2月13日)