長野県のニュース

名残雪に負けず 諏訪湖畔のスイセン咲き始め

諏訪湖畔で咲き始めたスイセン=22日、諏訪市湖岸通り諏訪湖畔で咲き始めたスイセン=22日、諏訪市湖岸通り
 長野県諏訪市の諏訪湖畔でスイセンの花が咲き始めた。春の雪から一夜明けた22日、湖畔公園では、通り掛かった人たちがかれんな黄色い花を楽しんでいた。

 市老人クラブ連合会が30年以上前から毎年、手入れをしている。上川周辺から下諏訪町境まで約3キロにわたり、湖畔の土手を彩っている。昨年秋は大和長寿会や城北小学校の児童らが作業し、約1200の球根を植えたという。

 雪の重みで下を向いた花もあるが、まっすぐに伸びた葉の間から花芽が次々と出ている。例年4月中旬ごろに満開になり、桜との共演も楽しめるという。

 旅行で訪れた愛知県安城市の鶴田元子さん(59)は「昨日の雪にはびっくりしたけれど、スイセンも負けずに咲いていてかわいらしい」と話していた。

(3月23日)

長野県のニュース(3月23日)