長野県のニュース

「田中駅」つながり 台湾で友好協定へ

台湾鉄路管理局の田中駅台湾鉄路管理局の田中駅 しなの鉄道の田中駅しなの鉄道の田中駅
 しなの鉄道(上田市)は26日、しなの鉄道線の田中駅(東御市田中)と同名の駅がある台湾の台湾鉄路管理局(台鉄)と友好協定を結ぶ。友好関係を深め、互いにインバウンド(海外誘客)につなげるのが狙い。同日に台湾中西部の彰化県にある田中駅で締結式があり、友好協定と同時に双方の田中駅による「姉妹駅協定」も結ぶ。

 同じ駅名を生かそうと、姉妹駅協定の締結をしなの鉄道側が提案。話し合いを進める中で友好協定も結ぶことになった。締結後は、互いの乗車券の無償交換のほか、台鉄の田中駅にある看板のレプリカをしなの鉄道線の田中駅に設置する予定。他にも記念イベントや、台鉄の塗装を模した車両の運行を検討する。

 しなの鉄道は「県内を訪れる台湾からの観光客は多い。しなの鉄道の認知度を上げて、誘客につなげたい」としている。締結式には、同社の玉木淳社長や、田中駅がある東御市の花岡利夫市長らが出席する。

(3月23日)

長野県のニュース(3月23日)