長野県のニュース

諏訪姫ラッピングバス 諏訪市で運行開始

「諏訪姫」を車体にデザインしたラッピングバスの第1便「諏訪姫」を車体にデザインしたラッピングバスの第1便
 諏訪市内を循環する「かりんちゃんバス」で、市公認の観光宣伝キャラクター「諏訪姫」をデザインしたラッピングバスの運行が24日始まった。市が、ラッピング費用に使途を絞った「ふるさと納税」に集まった寄付金153万円余を充てた。出発前の式典には、大勢の市民らが参加。諏訪姫の着ぐるみも参加し、記念撮影に応じていた。

 車体には、諏訪姫と共に、正面は市内の立石公園、右側面は高島城と桜、左側面は諏訪湖の花火大会を背景に描いた。車内には、法被や浴衣姿の諏訪姫のフィギュアも並ぶ。諏訪大社上社近くの停留所などでは、観光PRの動画などで諏訪姫の声を担当している声優の声で周辺の見どころを紹介する車内アナウンスが流れる。

 ラッピングバスはJR上諏訪駅、諏訪湖畔、諏訪大社上社本宮前を回る「すわ外周線」など3路線で、1日6〜8便運行。プラモデルなど製造販売のピーエムオフィスエー(諏訪市)社員で、バスのデザインを担当した小松穂乃香さん(33)は「『日本の街をかわいく元気に』がコンセプト。盛り上げに一役買えればうれしい」。ふるさと納税で寄付をした諏訪市四賀の会社員福島充史(みつのり)さん(57)は「諏訪市の話題が増えたね」と話し、第1便に乗り込んだ。

(3月25日)

長野県のニュース(3月25日)