長野県のニュース

八ケ岳・阿弥陀岳で7人滑落、3人死亡

 25日午前8時半すぎ、八ケ岳連峰・阿弥陀岳(2805メートル)の南稜付近で登山者7人が滑落した―と、別の登山者から110番通報があった。7人は県警ヘリコプターで救助されたが、茅野署によると、神戸市東灘区の会社員亀石安央(やすお)さん(48)ら男性2人、女性1人が搬送先の茅野市などの病院で死亡が確認された。いずれも窒息死だった。

 死亡したのは他に、京都市西京区のアルバイト従業員、山下貴久子さん(39)、兵庫県伊丹市の建築士、中沢恒雄さん(63)。残り4人のうち、大阪府吹田市の会社員、宇野聖さん(47)が左脚を折る重傷、大阪市の自営業男性(56)、滋賀県草津市の会社員男性(44)、大阪府八尾市の会社員女性(40)は打撲などの軽傷を負った。

 県警によると、7人は南稜の「P3」と呼ばれる難所付近(標高2600メートル付近)から斜度60度ほどの沢筋を約300メートル滑落。死亡した3人は雪に埋まっていた。滑落に伴って雪崩が発生したとみられている。茅野市の諏訪中央病院によると、けが人は、少人数ごとではなく、7人全員がロープでつながった状態で登っていたと説明。「先頭の人が最初に滑った」とも話しているという。

 県警によると、7人は関西の同じ山岳会に所属。今回の責任者は宇野さんで、24日に諏訪郡原村の登山口「舟山十字路」から入山し、25日に阿弥陀岳に登って下山する計画だった。

 茅野市の山岳気象予報会社「ヤマテン」によると、25日の阿弥陀岳周辺は朝から快晴で、南稜付近の風はそれほど強くなかったとみられる。

(3月26日)

長野県のニュース(3月26日)