長野県のニュース

県知事選 8月5日 県選管決定 7月19日告示

 県選挙管理委員会(永井順裕委員長)は26日午前、県庁で定例会を開き、8月31日の任期満了に伴う知事選の日程を「7月19日告示、8月5日投開票」と決めた。知事選に合わせて行われる長野市区、岡谷市・諏訪郡下諏訪町区の県議補選(ともに欠員1)は「7月27日告示、8月5日投開票」とした。

 公選法は知事選日程を任期満了前30日以内と規定しており、投開票日を日曜日とすると、候補は8月5、12、19、26日。ただ、19、26日は選挙期間(17日間)がお盆と重なるため、定例会では委員から「避けた方がよい」との意見が出た。また、12日は前日が2016年から国民の祝日となった「山の日」(8月11日)に当たり、委員から「山の日から始まる盆休みと重なり、若い人の投票率(の低下)が心配される」との意見が出て、5日投開票で一致した。

 今回の知事選では、2期目の現職阿部守一氏(57)は立候補するか態度を明らかにしていないものの、支持者らは3選出馬を既定路線とみる。一方、共産党県委員会や県労連などでつくる「明るい県政をつくる県民の会」は県政の転換を目指し、候補者を擁立する方針を示している。他に表立った動きはない。

 県選管によると、知事選の日程が決まったことで、公選法に基づき、北安曇郡白馬村長選(任期満了8月6日)と下伊那郡泰阜村長選(同12日)、上伊那郡中川村議選(同23日)も知事選と同じ投開票日に行うことが可能になる。

(3月26日)

長野県のニュース(3月26日)