長野県のニュース

春、一気に 千曲でアンズ開花宣言

例年より早く開花した千曲市森・倉科地区のアンズ=29日午前10時半例年より早く開花した千曲市森・倉科地区のアンズ=29日午前10時半
 長野県千曲市のあんずまつり実行委員会は29日、同市森・倉科地区のアンズの開花を宣言した。平年より9日早く、観測史上2番目の早さ。あと10日ほどで見頃を迎えるという。

 この日は午前10時、実行委の会長で森地区区長会長の竹内袈裟延(けさのぶ)さん(72)が、森運動広場にあるアンズの標準木で5〜10輪が咲いているのを確認した。1週間ほど前はつぼみがまだ固かったが、暖かい日が続いたことで3日前からほころび始めたという。

 実行委は4月1〜15日、森・倉科地区でアンズの花を楽しむあんずまつりを開く。開花宣言で観光客の入り込みも早まると見込み、約300台分の駐車場を3月31日からあんずの里スケッチパークや窪山展望台公園などに設ける。

 同地区では、アンズを使った菓子などを販売する「花さかフェスタ」も4月1日から開かれる予定。竹内さんは「アンズの花が咲くと春が来たなと思う。大勢の人に楽しんでほしい」と話していた。

 開花宣言がこれまで最も早かったのは、2016年の3月28日。

(3月29日)

長野県のニュース(3月29日)