長野県のニュース

カタクリも駆け足の春 長野で早くも見頃

暖かな日差しを浴び見頃を迎えたカタクリ=30日、長野市西長野暖かな日差しを浴び見頃を迎えたカタクリ=30日、長野市西長野
 長野市西長野に群生するカタクリが、ここ数日の陽気で例年にない早さで見頃を迎えている。群生地は旭山の北側の裾花川沿いにあり、薄紫色のかれんな花が斜面を彩っている。

 30日午後に群生地に足を運んだ同市松岡の高池良子さん(61)は「30年ほど毎年観察に来ているが、こんなに早いのは初めて」と驚いた。

 同市新諏訪地区の住民でつくる「カタクリ愛好会」の近藤明宏会長(55)によると、見頃を迎えるのは例年より1週間ほど早いという。このため、同会は現地で開く恒例の「カタクリまつり」を、例年より早めて4月7、8日に計画。団子の販売や湯茶を振る舞う。7日には地元神楽保存会が舞を披露する。

(3月31日)

長野県のニュース(3月31日)