長野県のニュース

中川村で恒例「咲く楽市」始まる

見頃を迎えたシダレザクラ。眺める子どもたちも笑顔に見頃を迎えたシダレザクラ。眺める子どもたちも笑顔に
 中央アルプスを見渡す上伊那郡中川村の大草城址(じょうし)公園で31日、恒例の「咲(さ)く楽(ら)市」が始まった。公園内には8種類、約300本の桜があり、シダレザクラやエドヒガンなどが見頃を迎える中、地元産のリンゴやイチゴ、アップルパイ、うどんなどを販売している。

 地元有志でつくる実行委主催で13回目。実行委員長の富永朝和さん(80)らによると、地域住民が公園に桜を植えたのは約50年前で、長く楽しめたらいいと咲く時期が異なる8種類を植えたという。今後、ソメイヨシノやベニシダレ、八重桜の関山(かんざん)などが順に咲き始める。

 この日、家族や友達と訪れた下伊那郡松川町の松川北小学校の北原心乃美(このみ)さん(11)は「風に吹かれた桜がふわふわしてきれい」と話していた。4月20日まで。1〜21日は午後6〜9時に桜をライトアップする。

(4月1日)

長野県のニュース(4月1日)