長野県のニュース

飯田市千代で山火事 自衛隊ヘリ出動

夜になっても火がくすぶる飯田市千代の山林火災=2日午後7時3分夜になっても火がくすぶる飯田市千代の山林火災=2日午後7時3分
 2日午前11時半ごろ、飯田市千代の野池地区で民家の車庫や作業小屋が燃える火事があった。飯田広域消防本部(飯田市)などによると、火は建物裏手の野池山斜面の山林に燃え広がり、午後4時時点で約3・6ヘクタールに及んだ。地上での消火活動のほか、隣県や自衛隊のヘリコプターが上空から散水を行ったが、同日夜までに鎮火には至っていない。人的被害は確認されていない。

 飯田市危機管理室によると、地上の消火活動には広域消防の各署員や地元消防団員ら約100人が当たった。上空からの消火は、県との相互応援協定に基づき、岐阜県の消防防災ヘリ1機が出動。消防庁の広域航空消防応援を通じ、山梨、静岡両県の防災ヘリ各1機も消火活動に当たった。陸上自衛隊松本駐屯地(松本市)によると、長野県からの要請を受けて自衛隊も大型ヘリなどを派遣した。

 運航再開を目指している長野県の県消防防災ヘリは、訓練中として出動しなかった。

 飯田広域消防本部は2日夜から3日朝にかけて、近くの集落に火が及ばないよう現場で監視を続けている。

 市危機管理室によると、3日は午前5時半から自衛隊の大型ヘリによる散水を行うほか、地上の消火活動も再開する。

 飯田署などによると、焼失したのは、熊谷郁夫さん方の車庫約100平方メートルと作業小屋約50平方メートル。熊谷さんの家族が焼却炉でごみを焼いていたとみて調べている。

(4月3日)

長野県のニュース(4月3日)