長野県のニュース

ようこそ新入生 上田高美術班が黒板に絵

教室後方の黒板に新入生を歓迎する絵を描く上田高校美術班の生徒教室後方の黒板に新入生を歓迎する絵を描く上田高校美術班の生徒
 上田高校(上田市)美術班の生徒らが、5日の同校の入学式に初登校する新入生を驚かせようと、教室の黒板にチョークで絵を描く「黒板ジャック」を完成させた。美術班の生徒7人と指導する高柳剛士教諭(49)が、1人1クラスを担当し、1年1組から8組までの教室後方の黒板に祝福と歓迎の思いを込めて描いた。

 美術班にとって初めての試み。題材は、上田市を舞台にしたアニメ映画「サマーウォーズ」のキャラクターや、フィギュアスケートの羽生結弦選手のほか、同校の正門「古城の門」、竜と虎の戦いなどで、生徒らが決めた。3月末に制作を始め、赤や黄、オレンジなど色とりどりのチョークを使って約1週間かけて仕上げた。

 班長の吉沢凜さん(17)=3年=は、上田ゆかりの戦国大名「真田家」をモチーフに、構想を練り上げて描いた。「黒板の絵が、初めて会う友達同士の会話のきっかけになればうれしい」と話していた。

(4月5日)

長野県のニュース(4月5日)