長野県のニュース

「知事支持」自民が増え計29人 全56県議に本社が調査

 今夏の知事選や来春の県議選に向け、信濃毎日新聞は2期目の阿部守一知事(57)の県政運営などを巡り全県議56人(欠員2)にアンケートを実施し、5日まとめた。3選出馬が確実視されている阿部氏を、県議の半数超の29人が「支持する」と回答。回答保留や「是々非々」に当たる「その他」は20人で、「支持しない」は7人だった。「支持する」が全体で3割強だった4年前の同時期の県議アンケートと比べ、最大会派自民党県議団の知事支持派の拡大が顕著。共産党を除く県会の「オール与党化」の進行がうかがえる。

 一方、阿部氏の県政運営や個別施策など10項目について5点満点で採点を求めたところ、「観光振興」と「子育て支援・教育」が最高の3・8点。いずれも4点に届かず、高評価には至らなかった。大北森林組合(大町市)の補助金不正受給事件への対応は2・9点と中間の3点を下回り、厳しい目を向けた。

 4年前の同時期に全県議(当時57人)に実施したアンケートでは、支持が3割強の19人、不支持が4人、その他は34人。自民党県議団は、4年前は当時20人のうち支持は2人だったが、今回は22人のうち支持が17人と大幅に増えた。「その他」が5人だった。

 第2会派信州・新風・みらい(14人)は「支持」9人、「その他」5人。第3会派新ながの・公明(9人)は「支持」が1人で、「その他」とした8人は、阿部氏の出馬動向の見極めや県会としてのチェック機能を理由に挙げた。

 第4会派共産党県議団(7人)は全員が「支持しない」と回答。大北森林組合の補助金不正受給事件を巡る対応や「県民に寄り添っていないため」とした。第5会派グリーンライト(2人)は「支持」と「その他」が1人ずつ。無所属の2人も「支持」「その他」がそれぞれ1人だった。

 知事選は7月19日告示、8月5日投開票の日程で行われる。阿部氏は現時点で態度表明していない。県議選は来年4月の統一地方選前半に行われる。

(4月6日)

長野県のニュース(4月6日)