長野県のニュース

斜面

大相撲のしきたりを巡る興味深い論文を見つけた。「女人禁制」がテーマである。北海道教育大名誉教授の吉崎祥司さんらが執筆した。文献から歴史をひもとき〈女性を土俵に上げない伝統〉ができた経過を批判的な目で検証している

   ◆

論文によれば「相撲」の記述が登場するのは日本書紀という。采女(うねめ)(女官)による取組だ。女性が組み合う女相撲は江戸期まで続き人気もあった。明治期に入ると女性は土俵から追われた。男性のみで行われるようになり、やがて「国技」の地位を得る

   ◆

文明開化にふさわしくない女相撲はやめさせる。それを人々に納得させるために相撲界は「神道との関わり」という錦の御旗を掲げたのではないか―。論文の見立てだ。相撲は力士の所作に表れるように古くから神道と関わりが深い。その女人禁制の考えを土俵に利用したとみる

   ◆

舞鶴市の大相撲春巡業で土俵に上がってあいさつした市長が突然倒れた。観客の女性が駆け上がり市長を取り囲んだ男性をかき分けて心臓マッサージを始めた。別の女性も駆けつけた。その時「女性の方は土俵から下りてください」と場内放送が響いた

   ◆

観客から女人禁制の声が出て、放送担当の行司がとっさに言葉を発したらしい。それにしても…。少女がわんぱく相撲の予選に勝っても国技館の全国大会には出場できない。女性知事が大相撲表彰式の土俵に立てなかったこともある。伝統は命と天秤(てんびん)に掛けられる時なおさら空虚に見える。

(4月6日)

最近の斜面