長野県のニュース

高木菜那選手ら 1万6000人祝福

沿道の人たちの祝福を受けながら、金メダルを首から下げてパレードする高木菜那選手ら日本電産サンキョースケート部員=8日、下諏訪町沿道の人たちの祝福を受けながら、金メダルを首から下げてパレードする高木菜那選手ら日本電産サンキョースケート部員=8日、下諏訪町
 平昌(ピョンチャン)冬季五輪スピードスケート女子で二つの金メダルを獲得した高木菜那選手(25)ら、日本電産サンキョー(長野県諏訪郡下諏訪町)の全スケート部員6人の活躍をたたえる祝賀パレードが8日、下諏訪町で行われた。主催した町によると、約1万6千人が約1キロのコース沿いや終着のあすなろ公園に集まり、晴れやかな表情の選手たちを祝福した。

 パレードには、団体追い抜きとマススタートで金メダルの高木選手と、ともに平昌冬季五輪男子代表の長谷川翼選手(24)、ウイリアムソン師円選手(22)のほか、羽賀亮平選手(29)、土屋陸選手(20)、久保向希(こうき)選手(18)が参加した。

 出発式で、二つの金メダルを胸に下げた高木選手は「皆さんの温かい声援が力となって最後まで滑り抜くことができた」と感謝。選手6人は2台のオープンカーから沿道に手を振りながら、ゆっくりと進んだ。あすなろ公園のステージではそれぞれ今季を振り返り、今後の目標も語った。会場からは、つらい練習の乗り越え方や好きな食べ物などの質問が相次いだ。

(4月9日)

長野県のニュース(4月9日)