長野県のニュース

救急車到着遅れ 須坂の男性死亡

 須坂市消防本部が5日朝に救急の出動先を誤り、救急車の到着が約10分間遅れた問題で、到着後に病院に搬送した市内の90代男性が5日午後9時ごろ死亡していたことが9日、分かった。同本部は、男性の家族から5日午後2時ごろに聞いた情報を基に「容体に変わりない」と説明していたが、病院側に容体の確認が取れたのは9日になってからだった。

 同本部は、男性の治療経過や通報当日の状態から、到着の遅れが男性の容体に影響を与えたとは思えない―とする医師の見解を得たと説明している。

 同本部によると、5日午後2時ごろ、男性の息子に到着の遅れを謝罪した際、男性の容体を聞いた。ただ、その後病院側の担当者は不在で、容体の確認が取れたのは9日だった。

 119番通報は5日朝、男性の隣に住む息子からあった。救急隊が目印の建物を誤って約10分遅れて到着した際、男性は呼吸しているが意識はなかった。

(4月10日)

長野県のニュース(4月10日)