長野県のニュース

杉尾氏が民進に離党届 立民入党へ

 民進党参院議員で県区選出の杉尾秀哉氏(60)は10日午前、信濃毎日新聞の取材に対し、同党を離れて立憲民主党に入ると明らかにした。同日午後に離党届を民進党本部に提出。東京都内と長野市で記者会見して正式表明する。

 杉尾氏は同日午前に民進役員らに離党する意思を告げた。取材に対し杉尾氏は、新党結成の協議を進める民進と希望の党の両執行部に対し「野党再編は野党第1党の立民が中心となるべきだ」と批判し、「自分は一線を画す」と説明。憲法9条改正や集団的自衛権の行使容認、原発政策への反対を挙げて「主張が近い立民に入り、安倍政権と対峙(たいじ)する」と述べた。12日に立民に入党を届け出る予定。

 杉尾氏は元ニュースキャスターで、改選定数が2から1に減った2016年7月の参院選県区に民進から出馬し初当選。昨年12月から今年1月にかけて民進執行部が模索した希望との統一会派結成に反対し、いったん離党の意思を固めたが、結成断念を受けて保留していた。

(4月10日)

長野県のニュース(4月10日)