長野県のニュース

上田・松本・佐久 4月なのに真夏日

強い日差しを浴びて遊び回り、水を飲んで一休みする子どもたち=21日午後2時3分、上田市上田原の長池公園強い日差しを浴びて遊び回り、水を飲んで一休みする子どもたち=21日午後2時3分、上田市上田原の長池公園
 県内は21日、高気圧に覆われて南から暖かい空気が流れ込み、各地で気温が上昇した。最高気温は上田31・5度、松本30・3度、佐久30・2度を観測し、県内では今年初めて、30度以上の真夏日となった。上田の最高気温は全国で5番目に高く、各地で7月上旬から下旬並みの陽気となった。

 日本気象協会長野支店によると、県内で4月に真夏日を記録するのは2012年以来、6年ぶり。松本今井(29・0度)、白馬(28・6度)、大町(28・2度)では4月の観測史上最高を更新した。

 上田市上田原の長池公園では、子どもたちが半袖姿で遊び回り、強い日差しを避けて木陰にシートを広げて弁当を食べる家族連れも。東御市から友人らと訪れた沢亜由美さん(35)は「子どもたちの帽子の中も汗でびっしょり。小まめに水分を取って暑さ対策をしている」と話していた。

 長野地方気象台によると、県内は22日も高気圧に覆われて晴れ、気温が上がる見込みで、同気象台は熱中症などへの注意を呼び掛けている。

(4月22日)

長野県のニュース(4月22日)