長野県のニュース

斜面

大リーグ往年の名選手ロベルト・クレメンテはカリブ海のプエルトリコ出身だった。人種差別に苦しみながらも活躍し、社会貢献にも力を注ぐ。1972年、ニカラグア地震の被災地に救援物資を届けるため運航した飛行機が墜落した

   ◆

現役選手のまま帰らぬ人となる。1995年、プエルトリコを旅してその足跡をたどった野球人がいる。衣笠祥雄さんだ。大リーグを夢見て少年時代を送った貧しい町には遺志が引き継がれ、子どもが野球を楽しめる「スポーツ・シティ」が整っていた

   ◆

現役を引退して8年、50歳を前にした衣笠さんにとって感慨深い旅だったようだ。これを契機に半生を振り返る手記「野球の夢一途に」を記した。〈野球をやりつづけてきたことで得た“財産”をはたいて、次代へ夢をつなぐ役割を果たしたい〉。そんな思いを込めた1冊である

   ◆

1965年、広島に入団した。どんな投手にもフルスイングで立ち向かい、ボールを恐れなかった。死球には白い歯さえみせて投手に気にするな、と合図した。連続試合出場で当時の大リーグ記録を更新し「鉄人」といわれた強さは体だけではあるまい

   ◆

努力に裏打ちされた強くしなやかな心の持ち主だったのだろう。なおのこと訃報が信じられない。優れた理論に基づく解説は野球ファンの信頼を得ていた。19日のテレビ解説が最後だった。声がかすれるほど体調が悪かったが責任を果たした。九回裏までフルスイングを貫いた人生だった。

(4月25日)

最近の斜面