長野県のニュース

元ゼロ戦パイロット原田要さんの映画 県内上映広がる

 2016年5月に99歳で亡くなった元ゼロ戦パイロットの原田要さん(長野市)の生前の証言を記録したドキュメンタリー映画の上映が県内で広がっている。長野市で昨年上映して以降、各地で上映を希望する声が上がり、今年は5月の東筑摩郡山形村を皮切りに、岡谷、飯田、長野、上田各市の映画館で上映予定だ。企画・製作を手掛ける「戦争体験を継承する会」(須坂市)は「幅広い世代が平和への関心を高めている。若い世代を中心に平和への自分なりの視点を養ってほしい」としている。

 映画は「原田要 平和への祈り〜元ゼロ戦パイロットの100年」。原田さんのゼロ戦の搭乗体験や太平洋戦争中の報道、教育の在り方などを伝えている。監督の宮尾哲雄さん(68)=須坂市=らでつくる同会が、インターネットを通じて資金調達するクラウドファンディングを活用して17年に製作した。

 同年、長野市の「長野相生座・ロキシー」で通算2カ月上映したところ、延べ約3500人が来場。宮尾さんは「北朝鮮問題などを通して『戦争が起こるのではないか』という人々の不安感と、平和を願う心が、映画館に足を向けさせたのでは」と言う。

 各館の上映予定は次の通り。

 ▽5月19日〜6月1日 アイシティシネマ(山形村)▽6月下旬から 岡谷スカラ座(岡谷市)▽7月21日〜8月10日 センゲキシネマズ(飯田市)▽7月28日〜8月17日

 長野相生座・ロキシー(長野市)▽8月 上田映劇(上田市)

(4月25日)

長野県のニュース(4月25日)